PonPonPonPon静岡市・沼津市・清水町
認可保育所・小規模保育事業A型

ぽんぽんブログblog

ぽんぽんのオープンキッチンより

給食ブログ

給食ブログの記念すべき第1回目の内容は「ぽんぽんのオープンキッチンより」。今後も月に1回(月初更新)、私たちの心がけている「離乳食の移行」「食材ごとの工夫」「月齢だけに捉われない発達との関わり」「季節に応じた配慮」「簡単なイベント食」など、食に関する情報を、ぽんぽん保育園の子どもたちの姿とともにお届けしたいと思います。

扉を開けるとオープンキッチン仕様になり、廊下やホールと繋がり開放感ある給食室。

毎日、何人もの子どもたちが朝の「おはよう」のあいさつや、「きょうのごはんなあに?」とのぞいてくれます。好きなメニューだった時の喜びようを見ると、とても嬉しくなり、私たちのやりがいです。

散歩から帰ってくれば「おなかすいた~」「いいにおい」の声が給食室まで響き、食事中に保育室をのぞけば「おいしい!」と笑顔。その子どもたちの姿に応えようと、味はもちろん、形状なども工夫し、“給食の時間がたのしい”と感じる気持ちを大切にしています。

しかし、新年度がスタートした保育園は笑顔ばかりではありません。保護者と離れる寂しさに泣いている声もたくさん。先生たちはそんな子を抱きながら給食室をのぞきに来てくれます。「おいしそうでしょ~」「ほら、見てみる?」そんな子どもたちとの関わりも、また私たちの楽しみ。こんなに泣いていた子が、いつの間にか園内を駆けまわり、給食室に「きょうのごはんなあに?」と来てくれるようになるのです。 子どもたちや先生と繋がっているぽんぽんの給食室。これが私たちのモチベーションを上げ、笑顔に包まれた空間と、おいしい給食につながっているのかもしれません。

記事一覧へ戻る